家事ラク倶楽部

MENU

難しい染み抜きは宅配クリーニングにおまかせ!

水溶性タイプの染みは、付着して時間が経っていないなら水で洗い流せば簡単に染み抜きすることが可能です。
しかしながら、ずっとそのままにしていると染みは落ちにくくなってしまいます。
水溶性に当てはまる染みには、いくつかの種類があります。
お酒やコーヒー、ジュースなどのドリンク類やしょうゆやソースなどの調味料、水溶性のコスメなども染みとなります。
染みが付いたらすぐに水で染み抜きをして、洗濯を行うのがベストですが、これができない人は応急処置を行いましょう。
第一に、水できちんと絞ったタオルと布を用意する必要があります。
染みの下にタオルがある形にし、しっかり絞った布で染みをトントン叩いて染み抜き作業を進行させます。
それでも染み抜きができない時は、時間をかけて染みを取っていきます。
酸性やアルカリ性ではなく、中性のキッチン用洗剤が布にしみ込ませたあと、染みを叩いて染み抜きをしていきます。
そのあと、染み抜きが済んだら、改めて水で絞った布を利用して、染み抜きした部分に残っている洗剤を叩いて落としていきましょう。
作業に関し、台所用洗剤以外に、薬品のアルコールを使うというのも染みが取り除きやすくなって、効果があります。
長期間放置していたようなコーヒーの染みに効果があるのはレモン汁やお酢などで、アンモニア水はお酒による染みに使用することも多いようです。
布で叩いても染みが落とせない時は、使い終わった歯ブラシを用いて染み抜きするのも良い方法です。
それでも取り除けない染みの場合、染みの部分を力任せに擦ったりすることがありますが、繊維にダメージを加えるため良くありません。
そのような際は、染み抜きの技術を持ったクリーニング屋に頼むことをおすすめします。

このページの先頭へ